エグゼクティブコーチング 体験者の声でイメージが分かる

ビジネスマンとしてのスキルを上げる

普段何気なく使う言葉や抑揚、スピードなど、口にする本人が気がつかないほどの些細な部分でも、知らないうちに様々なメッセージを発していたり捉えられ方をされているものです。
この部分はこのようにしてみるとよりプラスに働くのですよ、という気づきを指摘するコーチングが、改善の繰り返しによって洗練されたスタイルを作り出してくれるのです。
そんなレベルのことかと言われればそうなのですが、実際に自身ではなかなか疑いにくいもので、第三者の立場でこそ見え、改善の理由が挙げられ、最終的には納得した自身が変えていくというのがコーチングのシステムです。
実際に体験したエグゼクティブコーチングで気づかされたのは、本人が認識している自分と人が捉えている自分には随分と差があることです。
良し悪しを含めて自分のスタイルをよく知り、また相手に与える印象も理解しているつもりでしたが、相手にどのように響き、映っているかということを客観的に細かく指摘してもらったところ、驚くほどの違いを突きつけられて衝撃を覚えたものです。
それらは決して改まった場面でのことではなく、ビジネスでは当たり前の電話応対のシーンや社内でのミーティング、プレゼンテーションなど、どれも普段からよくある日常的な光景の中で拾い上げられた事ばかりでした。

本日人生で初めてエグゼクティブコーチングなるものを受けてきた。

的確な質問をしていただくことで、自分の思考がクリアになる体験。

経験に基づくアドバイスや事例の共有。
どれをとっても有意義なものでした。

課題も明確になったので、あとはやるだけ。

— たばてぃしゃちょー (@tabaty_shacho) August 23, 2019

エグゼクティブコーチングの重要性ビジネスマンとしてのスキルを上げる体験者のリアルな声